Education
To acquire knowledge

Pick Up

学力を保つ

近年、世の中は「ゆとり教育」となっています。しかし、社会は「ゆとり」ではなく、これまで通りの知識や技能が必要とされるため、学力を保つため塾に通う子供が多く見られます。

詳細を読む

学力を伸ばす

教育サービスにかかる費用とは

子供の学力アップのために利用する塾や家庭教師などの教育サービスにかかる費用は、それぞれの業者や種類によって異なります。一般的には補習塾よりも進学塾、集団塾よりも個別指導のほうが高い傾向にあり、家庭教師については、週に何教科、何時間利用するかによって金額は変わってきます。 塾については、小学生よりも中学生、中学生よりも高校生向けのほうがかかる費用は高く、授業料だけでなくテキスト代、長期休暇講習代、模試代などさまざまな料金がかかってきます。それに対して家庭教師は、基本的に1時間につき2000円とか3000円といった時間制で支払われる場合が多く、それにプラスして交通費などの必要経費がかかってきます。大学生のアルバイトよりも有名大学卒のプロ家庭教師のほうが、教育の質が高い分費用も高めに設定されています。

より身近になった家庭教師について

一昔前までは、家庭教師には高いお金がかかるので一般家庭の子供は利用しにくいといったイメージがありましたが、最近ではいくつかの大手の会社が家庭教師の派遣サービスを低料金で手がけており、昔よりもずいぶん気軽に利用できるようになりました。こうした会社を通して家庭教師の派遣を依頼すると、万一その教師が子供と相性が悪かった場合に交代を依頼できたり、料金制度が明確に設定されていたりと、利用者にとってうれしい制度が設けられていて、だれでも利用しやすくなっています。 家庭教師の料金はだんだんとお手頃になりつつあり、割高な塾や予備校に通うよりも安くつく場合もありますので、教育サービスの利用を検討する際は、家庭教師も一つの選択肢として考えられると良いでしょう。

選ぶポイント

塾は住んでいる地域に沢山あります。志望大学まで入学させるため塾に通って、試験対策に向けた指導を受けます。場所によっては塾独特の特徴もあれば、指導方法も違います。その選び方について紹介します。

詳細を読む

TOPICS

便利な通信制高校

通信制高校に通う場合、その学校のカリキュラムやフォロー体制などを十分に調べ自分に合った通信制高校を選ぶことが重要です。今では通信制高校に通う人も増え、通信制を取り入れる学校も増えていると言います。

詳細を読む

評判の高い塾

スクールIEは学生に勉強を教えている塾で、現在は全国各地にスクールが展開されています。他の塾に比べて塾に通う金額などが安いことで多くの人からの評判が高まっています。

詳細を読む

オススメリンク